menu

診療案内

かぜ(風邪)

子どもの病気の中でも一番多いのが風邪(感冒)です。鼻からのどまでの上気道に感染がおこり炎症します。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽度ののどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。

いわゆる「風邪薬」はその治癒までの経過を過ごしやすく、症状を緩和するための治療(対症療法)ということになります。抗生物質は細菌に対する薬ですので、風邪などのウイルス感染症には原則として使用しません。

しかし、ウイルスが原因と考えられていても抗生剤を使いながら経過を見ていく方がよいと考えられる場合もあります。また、風邪と診断されていても、油断していると、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、症状の経過をしっかり観察することが重要です。
風邪