menu

診療案内

循環器内科について

循環器内科
循環器内科とは、血管(動脈、静脈)の病気と心臓の病気を扱う専門科です。 循環器科では問診による診断や検査を行い、患者様に分かりやすくご説明し納得して頂いた上で、 治療・診察を進めていくよう取り組んでおります。高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの循環器疾患のリスクの大きい人は、定期的に診察を受けることをおすすめします。

次のような症状の患者さまはお気軽にご相談ください。

●動悸、息切れ、胸の痛み、胸の圧迫感
●めまい(非回転性、失神性めまい)立ちくらみ、むくみ


循環器内科の主な疾患

●虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
●不整脈
●心臓弁弁膜症
●心筋症
●心不全
●動脈硬化症
●高血圧
●脂質異常症
、など

狭心症・心筋梗塞について

動脈硬化が進み狭心症・心筋梗塞に至ると死に至る危険性が増します。狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作ですむことが多いのですが、 進行して心筋梗塞を起こすと激しい痛みに襲われ、最悪の場合には心臓の停止・突然死を招くことがあります。

狭心症・心筋梗塞を予防するには、動脈硬化の原因となる高血圧や高脂血症などにならないようにすることです。オーバーウエイトや過労、過度のストレスを避け、適度な運動と睡眠を心がけるなど、血管に負担をかけないようにしましょう。
適度な運動

動脈硬化について

身体のすみずみまで血液とともに栄養を行き届かせているのが動脈です。動脈をはじめとする血管は、弾力性に富んでいますが、年をとるとともに血管にも老化現象が起こります。弾力性が失われて硬くなったり、内部に様々な物質が沈着して血管の通り道が狭くなり、 流れが滞るような状態を「動脈硬化」といいます。

高血圧

血圧は、心臓から送り出された血液が、血管を通るときに血液壁にかかる圧力です。心臓が収縮して、血液を押し出した瞬間が最高血圧、収縮後に拡張したときが最低血圧で、高血圧は、血管に強い圧力がかかっている状態です。

その結果、血管を障害していくので次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。高血圧は、特有な自覚症状がないため深刻な状態に陥るまで気づかないことが多く、心臓病や脳卒中などの合併症の引き金となるため注意が必要です。
高血圧

脂質異常症(高脂血症)

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。コレステロールは、身体に必要な成分ですが、必要以上に増えすぎると血管や組織を傷つけ、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くして心筋梗塞や脳卒中など動脈硬化性疾患を引き起こします。

高脂血症の主な原因は食べ過ぎや偏食、喫煙、飲酒、運動不足、肥満やストレスなどが考えられます。 栄養過多の現代人には多い病気ですが、自覚症状は全くないため、内臓脂肪、例として脂肪肝(肝機能障害)を引き起こすことがあります。